DropShadow

当院について Outpatient service

当院について Outpatient service DropShadow

病院指標

平成28年度 桜ヶ丘中央病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 7 29 36 82 107 219 437 376 118
【定義】
①平成28年度中に当院を退院した患者様の年齢を10歳刻みで集計しました。
(ただし、入院から退院まで障害者病棟、回復期リハビリテーション病棟に入院していた患者様は除きます。)
②年齢は入院した時点の年齢で集計しています。
③70歳以上の患者様の割合が66%を占めております。最も多い年齢層は70歳台です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 27 35.78 21.25 11.11 84.78
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 24 27.92 17.95 8.33 83.25
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 なし 16 21.44 19.24 0 78.13
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア1 15 19.73 13.60 0 86.33
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 13 32.69 12.43 7.69 83
当科は、肺炎等の呼吸器疾患による高齢者の入院も多くみられます。これらの患者様は病状回復後、日常生活機能を取り戻すため、回復期リハビリテーション病棟でのリハビリや、施設入所が必要となるケースには、マネジメントに時間を要し、在院日数が長くなることがあります。
患者様の希望に沿う医療を行うため、近隣医療機関との密接な地域連携が必要となってきております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 6.71 9.08 9.52 79.33
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 15 6.73 5.5 0 55.4
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2 なし 13 8.38 9.19 0 68.92
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 6.73 7.61 0 60.91
当科の対象となる疾患は、消化器系(食道、胃、小腸、大腸、肝臓胆道、膵臓)の良性および悪性疾患、成人の各種ヘルニアを扱います。手術は開腹はもちろん腹腔鏡下の手術にも積極的に取り組み、4名の常勤医師にて担当します。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 47 72.32 27.63 2.13 82.89
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 20 41.95 20.57 0 78.4
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア その他の手術あり 8 8.25 17.07 0 48.75
160700x97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術あり 定義副傷病 なし 8 8.63 5.86 0 51.25
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 7 5 5.49 0 54.86
当科は脊椎、手、肘、膝、足関節といった幅広い疾患の診療を行ってます。救急病院として変性疾患や交通外傷、労災外傷の受入れを日々努めております。
年々増加する大腿骨近位部骨折のリハビリは術後より介入し早期の機能回復、社会復帰に努め日常生活動作や生活の質の向上を目指しております。
リハビリが頻回に必要な患者さんには当院、回復期リハビリテーション病棟にて積極的にリハビリを行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 12 5.83 7.72 0 66
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 8 5.5 7.7 0 72.13
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 4 3.25 3.44 0 71.5
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 3 7 9.15 0 80
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 3 4.67 7.01 0 66
糖尿病網膜症を中心とした眼科全般の診療を行っています。
眼科は目だけと思われがちですが、糖尿病をはじめとする全身的な病気に関わるものも少なくなく、内科をはじめとする他科からの紹介も多い科です。
眼に不自由をお感じの方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 9 8.11 8.96 0 66.11
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 4 9 11.97 0 65.5
当院では、日常一般によく見られる皮膚疾患としての湿疹・皮膚炎、アトピ―性皮膚炎、尋常性疣贅(いぼ)、蕁麻疹、尋常性ざ瘡(にきび)、鶏眼(ウオノメ)、胼胝腫(タコ)、足白癬(水虫)を代表とする真菌感染のほか、一般に皮膚科専門で扱う皮膚病として自己免疫性の水疱症(水疱性類天疱瘡、尋常性天疱瘡など)や膿疱症(掌蹠膿疱症など)、角化症(尋常性乾癬など)、色素異常症(尋常性白斑など)、細菌性皮膚疾患(とびひ、丹毒、蜂窩織炎など)、ウイルス性疾患(水痘、麻疹、単純ヘルペス、帯状疱疹など)、皮膚良性腫瘍など、幅広く診察しています。
重症の感染症や悪性腫瘍にて手術を行う場合には大学病院等に適切に紹介させていただきます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 6 2 4 4 14 2 1 7
大腸癌 3 8 6 15 6 5 1 7
乳癌 0 2 2 0 3 0 1 7
肺癌 0 0 0 1 3 1 1 7
肝癌 0 0 0 0 0 0 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【定義】
①集計期間中(平成28年度)に退院した患者様が対象で、実患者数を集計しています。
②初発の病期分類は、UICC(注1)病期分類に基づいたものです。
③集計期間中に「初発」として集計されたものは、「再発」には集計しません。
④病期分類が確定する前に亡くなられた場合等は、病期分類は「不明」となります。
⑤医療資源を最も投入した傷病名が疑い病名であったものは、集計対象から除外しています。
⑥病期分類は、癌の進行度を表しています。stage0からstageⅣまでありstageⅣが最も進行していることになります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 34 18.8 71.5
中等症 37 20.4 77.6
重症 13 44.2 83.4
超重症 4 11.8 74.3
不明
中等度以上の患者様は高齢者の方が多く、合併症を有する肺炎は重症化の危険性が高く、適切な抗生剤の使用や酸素投与などの支持療法が大切となります。また、長期入院に伴う廃用性の筋力・体力低下を防ぐため、なるべく早期のリハビリテーションの導入を心掛けてます。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 2 5 79.5 0
その他 10 4.2 80.5 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 6 47.33 86 16.67
その他 6 108.33 80.33 0
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
脳卒中の患者様は高齢の方が多い傾向があります。脳梗塞発症3日以内は発症から早急に治療を開始し早期の社会復帰ができるよう努めております。
当院には脳神経外科の常勤医が不在のため、急性期の治療については転院にて専門加療していただくことがあります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 52 0.19 1.4 1.92 67.62
K654 内視鏡的消化管止血術 7 15.14 30.29 0 72.21
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 7 37 31.29 28.57 72.14
当科の手術は、消化管の手術が主になります。外科同様、内視鏡検査時に出血やポリープを認めた場合、止血術やポリープ切除術等の手術を行います。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 108 0.11 1.1 0.93 65.81
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 25 0 2.52 0 60.08
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 23 1.74 5.61 0 61.87
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 16 6 24.06 0 72.56
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 6 0.17 6.33 0 39.17
当院では、消化管に異常が認められた場合、医師の指示のもと胃や大腸の内視鏡検査を行います。内視鏡検査の結果、出血やポリープを認めた場合、止血術やポリープ切除術等の手術を行います。場合によっては、病変していると思われる組織の一部を摂取して、悪性腫瘍の有無を判別することも可能です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 34 3.35 69.09 2.94 83.71
K0811 人口骨頭挿入術(股) 13 3.92 61 0 80.08
K0462 骨折観血的手術(前腕) 11 3.45 30.55 0 61.45
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 11 2.09 16.64 0 49.91
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 11 0.91 3.45 0 58.27
高齢者に多い大腿骨骨折に対しての手術が上位を占めております。その他、骨折全般の手術を行っており術後は運動器リハビリテーションを介入し、早期に社会復帰できるよう努めております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 250 0.31 1.03 0 76.37
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 21 0.9 3.67 0 68.81
K279 硝子体切除術 5 0.6 4.2 0 51
K281 増殖性硝子体網膜症手術 5 0.8 3.4 0 56.2
K2683 緑内障手術(濾過手術) 4 0.75 4.75 0 74.75
手術は白内障を中心におこなっております。白内障手術については、日帰りにて退院が可能であり、患者さんの都合に合わせた手術が可能です。術前においては、患者様に対して集団での説明会を設けており、術前の不安を取り除けるよう心がけております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
異なる 0 0
180010 敗血症 同一 2 0.14
異なる 31 2.22
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 2 0.14
180040 手術・処置等の合併症 同一 1 0.07
異なる 0 0
敗血症とは、体内にある部分で感染症を起こし、血中に病原体が流出し重篤な全身症状を引き起こした状態です。
播種性血管内凝固症候群(DIC)は、癌や敗血症等の原因で、血液が過剰に凝固してしまい体中の毛細血管に至るまで血栓ができる状態です。
当院ではこれらの原因となる細菌を血液培養検査と呼ばれる検査で調べ、感受性のある(効果の高い)抗生物質、抗菌薬を投与致します。
上記の治療でも症状が重篤である場合は、循環作動薬、人工呼吸器の装着、急性血液浄化法を実施することがあります。
更新履歴
2016/09/27 初版作成
2017/09/22 指標更新(28年度)
  • 当院は日本医療機能評価機構の認定病院です。
  • 病院臨床指標 clinical indicator
  • 桜ヶ丘中央病院 広報誌 さくら通信
  • Minds 医療情報サービス 診療ガイドライン公開中 http://minds.jcqhc.or.jp
  • AGEO MEDICS
  • 当施設はAMGの施設です。 詳しくはこちら 上尾中央医科グループ
  • 上尾中央医科グループ
  • 上尾中央医科グループPT・OT・ST 採用情報