DropShadow

当院について Outpatient service

当院について Outpatient service DropShadow

医療安全管理方針

桜ケ丘中央病院では、 職員一人ひとりが、また各部署それぞれが、安全な医療の実践に真摯に取り組むと同時に、病院全体が包 括的に医療安全管理及びその推進を行っていくものとする。そのために必要な環境を整えるために、次のとおり基本方針を定める。

  1. 患者中心の医療の実践:
    患者さんの立場にたち、患者さんが安心して医療を受けることができる環境を整えるよう努力をするものとする。
  2. 診療情報の共有:
    診療情報を共有し、患者さん自身が疾病や診療内容等について十分に理解し、医療上の意思決定や治療効果の向上を図ることができるようにし、医療従事者間でも患者さんの診療情報を共有し、安全で質の高い医療の実現を目指すものとする。
  3. 医療安全に関する組織的取り組み:
    当院における医療安全管理は、医療安全管理委員会、安全対策小委員会、看護部安全対策委員会において対策を検討し、 現場のリスクマネジャーを中心に、院内の関係委員会及び部門と連携協力し、病院全体で継続的に取り組んでいくものとする。
  4. インシデント・アクシデントの報告:
    インシデント・アクシデントに関する情報は、早期に把握することが重要であるため、報告書の提出または緊急事態又は重大事態発 生時の連絡網に従い、迅速な対応に努めるものとする。
  5. 機能する医療事故防止対策:
    医療事故防止のためのリスクの把握、分析、改善、評価については、病院長の指揮のもと、関係する委員会において行うものとする。この時、人間であれば誰もがエラーを起こす可能性があることをふまえ、インシデント等の根本的原因を究明し、システム指向の対応 策の検討・実施を行うよう努めるものとする。
  6. 適切な医療事故への対応:
    本院における医療を通じて、患者さんに何らかの傷害が発生した場合には、迅速かつ適切な臨床的対処を行い、救命や回復に全力を注ぎ、それとともに患者さんやご家族に十分な情報提供を行う。さらに、発生した事態が、過失による医療事故か否かの判断や組 織的な医療事故対応については、病院長の指揮のもと、医療安全対策委員会・医療事故対策委員会を中心に、現場の職員とと もに、迅速性と即応性、客観性と公正性を有する意思決定と行動をとり、患者やその家族、さらには社会への説明責任を果たして いくものとする。
  7. 患者さんからの医療相談の実施:
    患者さんに納得のいく医療を提供するために、患者相談窓口(地域連携部・医療相談室)を設け、医療に関する患者さんの相談、 意見、苦情等に耳を傾け、迅速に対応し、病院機能の一層の改善に積極的に活用していくものとする。
  8. 医療安全情報の共有:
    安全で質の高い医療を提供するために必要な情報は、院内の職員全員で共有できるように、適宜、適切な方法(各委員会、カン ファレンス、職員研修、院内Web等)を用いて周知徹底するものとする。
  9. 職員に対する教育研修:
    医療安全に関する知識や技術、コミュニケーション、チームワーク、危険予知力を含む総合的なパフォーマンス力を習得・強化するた め、全職員に対して、講義、実習を行う。
  10. 医療安全文化の構築:
    すべての職員が安全な医療の提供の重要性を認識し、積極的に安全を推進していくために、職員研修をはじめ様々な場を通じて、 医療安全管理に関する教育や啓発に努めるものとする。
  11. 医療安全管理マニュアルの作成・更新:
    「医療安全管理マニュアル」を作成、周知し、必要に応じて適宜見直しをしていくものとする。
  12. 医療安全管理に関する指針の公開:
    患者さんに安心して医療を受けていただくために、当院の医療安全管理に関する指針は、掲示等において患者の閲覧を可能とする

  • 当院は日本医療機能評価機構の認定病院です。
  • 病院臨床指標 clinical indicator
  • 桜ヶ丘中央病院 広報誌 さくら通信
  • Minds 医療情報サービス 診療ガイドライン公開中 http://minds.jcqhc.or.jp
  • AGEO MEDICS
  • 当施設はAMGの施設です。 詳しくはこちら 上尾中央医科グループ
  • 上尾中央医科グループ
  • 上尾中央医科グループPT・OT・ST 採用情報